レントゲンや心電図でわかること

胸部レントゲンは胸の異常の多くが判明

レントゲンは血液検査と違って、痛みも感じない為、検査実施のなかでは比較的、怖がらずに受けられますよね。
実際の胸部レントゲン写真、ご覧になったことありますか?
あの白黒写真にはたくさんのデータが詰まっています。

胸部レントゲンに写る部分は、両肺のほか心臓や肺動脈等も移ります。
結核の痕や肺がんの陰、肺炎や気管支炎はもちろんですが、心臓の異常やじん肺などの疑いも発見できます。

また、横隔膜の異常もこの画像で分かります。
横隔膜が通常の位置になく、上部に上がって見える場合、肝臓の肥大や他の臓器のヘルニアなども考えられるため、精密検査を勧められることがあります。

更に、肺に水が貯留していることも分かり、その場合は心不全の悪化等も考えられる為、やはり精密検査を必要とします。

心電図ってなに?

ベッドに静かに横になり、吸盤のようなものを胸部にいくつか着けて行うものが、心電図検査です。
検査データは、何本かの波形によって示されていますが、果たしてその波形は何を示しているのでしょうか?
勿論、心臓の異常を発見するものですが、このような波形で心臓の病気の可能性が分かるのでしょうか?

心臓は、自分たちの意思とは全く関係なく、電流によって心臓の筋肉が動かされています。
寝ているときにも心臓が止まらないのは、この電流が常時流れて心臓を動かしているからですね。
この心電図は、その電流の流れの異常から、心臓の病気を導き出すのです。

心臓の筋肉が死んでしまっている為に起こる心筋梗塞、心臓の筋肉が異常に熱くなっている為に起こる心肥大、血液の循環が悪いことに起因する狭心症など、いずれもよく聞かれる病気ですが、軽視してはいけない病気ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る